RSS | ATOM | SEARCH
パソコンのモニターを新調
  新年早々、パソコンをいじっています。ワイドの液晶モニターをもらったので、早速繋いでみました。
 
 印象としては、違和感のかたまりというか、なんというか。。。今までは、17インチのCRT(ブラウン管)2台と、15インチの液晶1台の合計3モニターで仕事をしていました。3台とも、古典的な解像度1024×768でした。
 
写真の仕事をする時、微妙な色調の違いは、液晶よりもCRTの方がきれいに表現できていて、使いやすかった。
 
写真1枚をを1つのモニターに目一杯表示させて、画像加工ソフトのツールバーなどを液晶モニターに集めておくと、作業しやすかった。
 
ホームページなどを作る際に、複数の作業画面を表示させて、比較検討しながら作業が出来た。
 
学会発表の準備の時は、スライドと草稿を並べて表示させて編集しやすかった。
 
 などなど、色々な兼業に関して便利だった訳です。でもブラウン管2台は大きくて邪魔だし、メーカーも製造を止めてしまったし、時代は液晶かなと。
 
 今回頂いたのは、三菱のダイヤモンドクリスタ23型。解像度は、1920×1080です。理解の範疇を超えるような値で、今までのモニターの約2台分をカバーしてくれます。慣れないせいか非常に違和感が強く、目も疲れるような気がします。液晶の方が目に優しいはずなのに、明度やコントラストを調整しても何かが変で。。。
 
 アナログな人間には向かないようです。早々に、元に戻してしまうかも。。。
author:dr-mimimi, category:日々のトピック, 18:36
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.fukui-bls.com/trackback/1234852