RSS | ATOM | SEARCH
日本語版初の教材
 いつの間にか、ECC日本語公式サイトに、ガイドライン2010準拠コース教材日本語版の出版予定が記載されていました。 
 
AHA ECCガイドライン2010準拠日本語版出版予定をお知らせします。
http://eccjapanheart.org/pdf/20100922guideline201_jpn_future.pdf 

 残念ながら、日程は記載されていませんでした。ですが、興味深い情報が!
 
Family and Friends CPR
HS First Aid with CPR and AED
 
 の2コースが、初めて日本語化されるのです。
 
 ファーストエイドコースはガイドライン2005がリリースされてから福井で独自に日本語化。テキスト全てを和訳した資料と、日本語字幕をつけたDVDでコース開催してきました。しばらく前から「プロのヘルスケアプロバイダーでない者がBLS-HCPのインストラクターになるには、FAコースの受講が必要」という項目が設定され、日本でも議論を呼んでいました。そしてついに日本語教材のリリースです。
 
 また、Family and Friends CPR は日本ではほとんど知られていませんが、ボランティアコースと言えば分かりやすいかもしれません。アメリカでは5〜10ドル程度で開催されているのですが、日本でいう消防さんや日赤さんの講習に相当します。いわゆる、「応招義務のない一般市民向けのコース」です。これも福井が独自に字幕DVDを作製し、JSISH-ITCのインストラクターが独自にテキストを日本語化して、コース開催されています。
 
 英語教材は
BLS-HCP    11年3〜4月
ACLS , HS各種コース  11年4〜6月
にリリース予定です。日本語教材は2005の時は1年ほど遅れましたが、今後はどんどん早期にリリースされるようになるかもしれません。楽しみですね。
author:dr-mimimi, category:AHA一般, 02:14
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://blog.fukui-bls.com/trackback/1234828