RSS | ATOM | SEARCH
Compression First vs Shock First for VF SCA
 さて、心室細動に対してどれくらい急いでショックをすべきかというようなお話です。

 電気ショックは心室細動に対しての唯一の治療法といえますが、心臓が充分に酸素化されていないと有効ではない----突然心停止が発生してから除細動の準備が整うまで、ちゃんとCPRがなされていなかったら効果がないという話があります。

 つまり、人が倒れて放置状態。AEDや除細動器が到着するのに4〜5分経過していたら、先にCPRを5サイクル行って心臓を酸素化してから除細動を行うべきだろうという意見です。ACLS Resourse Textには次のような記載があります。 But there was insufficient data to recommend CPR before defibrillation for all patients of VF SCA. 有効な根拠はないんですね。

 ぢゃぁ、どうすべきですか?

Lay healthcare providers should use the AED as soon as it is abailable.
 救急に慣れていない医療者は、AEDが到着次第に使用すべきである。つまり、何も考えずにAEDをすぐに使えということですね。これはおそらく、一般市民にも当てはまると思います。

Emergency medical serveces healthcare providers may give 5 cycles or about 2 minutes of CPR before attempting defibrillation for treatment of out-of-hospital VF or pulseless ventiricular tachycardia when the EMS response interval is greater than 4 to 5 minutes or EMS responders did not witness the arrest.
救急隊が病院外の環境で、、、、除細動の前に5サイクルあるいは2分間のCPRを行っても良い

 つまり、プロの場合は除細動の前にCPRを行っても行わなくても、どちらでも良いんですね。

 BLS-HCPコースやHS-AEDコースでは、AEDの到着まで時間がかかったとしても、すぐに使用すべきと指導しなくてはいけませんね。
author:dr-mimimi, category:救命処置, 16:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。