RSS | ATOM | SEARCH
手指消毒液の品切れ:自分で作れば??
 3ブロック先の幼稚園が学校閉鎖になりました。新型インフルエンザ感染の園児が2名確認された事による処置だそうです。

 自宅に置いてあった手指消毒液が減りつつあるので、追加購入しようと思って業者さんに聞きました所、“どこも在庫はありません。無理です!”

 公官庁に最優先で大量に納品され、その次は大病院、そして中規模病院。個人向けはあり得ないといわれました。役所が買い占めて市民が購入できなくなるってどうよ?

 ドラッグストアにも手指消毒液、たとえばウェルパスやゴージョーは品切れ状態でした。でも、普通の消毒用エタノールは大量にストックされていました。???

 だいたい、手指消毒液の主成分は消毒用エタノールです。ポンプ式のスプレー容器に入っているというだけで、中身は特別なものではありません。ウェルパスをつくつている丸石のウェブページを見ると、100ml中に日本局方薬エタノール83mlと塩化ベンザルコニウム0.2gがはいっているそうな。だったら、自分で作ればいい!!

 普通の霧吹きのような容器は、100円ショップにも売っています。それに塩化ベンザルコニウムと消毒用エタノールを入れて完成!!霧吹き型手指消毒液!

 ポンプ式と比べてちょっと不便かもしれませんが、自分の手に使う以外、ドアノブや水道の蛇口など、シュッとしてから拭き掃除。これは便利だ!

 ウェルパスなどの手指消毒用エタノール液と違って、公開されていないような細かな保湿成分、保護成分などがないため、手に優しいとは言い切れません。でも、皮膚が弱い訳じゃないし、大丈夫か。

 AHAのファーストエイドコースでは、石ケンによる手洗いが重要としています。十分に手を洗ってから、速乾性消毒液を使うのがベスト。消毒液だけでは不十分になる可能性も、状況によってはあり得ます。やはり勉強は大切!


author:dr-mimimi, category:FA, 06:41
comments(5), trackbacks(0), - -
Comment
ウェルパス、新型インフルエンザの騒ぎになる前から、備蓄してたので、車に1本、部屋に1本、未開封が1本あります。
ウェルパスと同成分の消毒薬も備蓄してあります。これは、薬剤師さんが勧めてくれました。
普段は、1パックになってるアル綿を使ってます。自分で作ってもいいんですけど(笑)
なお, 2009/09/05 2:20 PM
 なおさん、ありがとうございます。

 ウェルパスが車に1本って、すごいですね。でも考えてみたら、外回りの活動が多い方には重要ですね。
mimimi, 2009/09/05 4:06 PM
自作、スバラシイです。
ところで、ザルコニン液10というのを使って作ろうとしております。
塩化ベンザルコニウムはかなり強力みたいですが、
希釈をどの程度にしてどのような割合で混ぜれば
良いとお考えでしょうか?
シロウトなので正直ちんぷんかんぷんです。
アドバイスいただければ助かります。
ポン助, 2009/09/06 1:57 AM
ポン助さんありがとうございます。

 ザルコニン10は、塩化ベンザルコニウムの10%溶液ですね。
 塩化ベンザルコニウムの使用は、
手指消毒 0.05〜0.1%
手術部位 0.2〜0.3%
器具   0.1%

 ですので、ザルコニン10を100〜200倍希釈で良いかと思います。消毒用エタノール99ml+ザルコニン1mlでしょうか。

 消毒用エタノールの濃度を下げるほどの量ではありませんので、問題はないと思います。
mimimi, 2009/09/06 5:55 AM
mimimiさん
ありがとうございました。
すぐにはできませんが、自作してみます。
保湿成分としてグリセリンを混ぜ込んでみようかと
思っております。
ミューズとかキレイキレイの石鹸と併用して
感染防止をしたいと思います。
ポン助, 2009/09/06 1:26 PM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。