RSS | ATOM | SEARCH
ハチの刺傷
 またまたこの季節がやってきましたね。ハチを悪者にする季節。。。

 何度も記載していますが、ハチは何の理由もなく人を攻撃したりしません。攻撃を受けたりテリトリーを侵害された(と勘違いした)ときに攻撃をしてきます。

 多くの場合、人間に非があります。ちょっと襲われたからと言って大騒ぎして走り回ると、余計にハチを刺激して攻撃を活発にさせてしまいます。手で振り払おうとしたりかばんなどを振り回して追い払おうとしても無駄なばかりか、ハチを怒らせるだけです。

 今回は、黄色スズメバチだったようです。大スズメバチでなくて良かったですね。

 キイロスズメバチは軒下、壁間、屋根裏、土中の空洞、木の枝などに巣を作ります。攻撃性はオオスズメバチと同じくらい凶暴で、巣に近づいただけで攻撃してくることがあります。日本で一番ひろく分布するスズメバチで、営巣規模も大きいです。




<スズメバチ>登校途中48人刺される 京都・左京区
8月25日11時48分配信 毎日新聞

 25日午前8時10分ごろ、京都市左京区南禅寺福地町の市道で、登校途中の私立東山中学・高校の生徒らがハチに襲われた。市消防局によると、刺されたのは同校の中高生41人、教師4人と通行人3人の計48人。攻撃性の強いキイロスズメバチとみられ、ほとんどが頭などを刺されていた。17人が病院に搬送されたが、いずれも軽症という。

 京都府警川端署によると、道路脇の石垣の中に巣があり、市は薬剤を散布するなどして駆除した。同高3年の井野大星さん(18)は「後ろから20匹ほどの群れが急に来て、頭や指を刺された。みんなと走って逃げた」と話していた。

 現場は京都市営地下鉄蹴上駅の北東約100メートルで、南禅寺や琵琶湖疏水に近い。兵庫県伊丹市昆虫館によると、8月下旬から10月はキイロスズメバチの新女王蜂や雄蜂の繁殖期で攻撃的になる。自然界では幼虫を狙うクマが天敵で黒い部分に攻撃を加えることが多く、人間では髪やまゆ毛が狙われやすいという。【田辺佑介、成田有佳、広瀬登】
author:dr-mimimi, category:FA, 15:58
comments(3), trackbacks(0), - -
Comment
ハチのニュースを見て、mimimi先生の顔が、
ゴーヤ出血日記に続き、浮かびました(笑)
ある学生は、頭の周りに10匹位、ハチがいて、チクッと刺されたと、言ってました。

私の母も、ハチに何度も刺されてるので、エビペンを携帯させようと考えてます。
なお, 2009/08/25 10:19 PM
私は蜂蜜と聞くたびに、ゴーヤを見るたびに、AEDをみるたびにmimimi先生を思い出します。そして、pudding先生の、mimimi病!と言う声が聞こえてくる気がします(笑)
れもん, 2009/08/26 2:33 AM
 なおさん、れもんさん、ありがとうございます。そのうち、なおさんもれもんさんも、“FISH病”と呼ばれるのではないでしょうか。

 ゴーヤの花には色々なハチ、アリ、その他の虫が集まって受粉をしてくれています。幸にも、今のところスズメバチの仲間は来ていません。
mimimi, 2009/08/26 5:46 AM









Trackback
url: トラックバック機能は終了しました。